エル(イレブン)

ストレンジャー・シングス考察|超能力少女エル(イレブン)関するまとめ!

(Netflix/ストレンジャー・シングス引用)

シーズン3が待ちきれないストレンジャー・シングス。
今後の展開を予想したり、キャラ設定のおさらいになればと
主人公エルについてまとめました。

エル(イレブン)の基本情報・性格は?

(Netflix/ストレンジャー・シングス引用)

(Netflix/ストレンジャー・シングス引用)

本作の主人公。

アメリカ政府が1970年代に暗に行なっていた極秘計画「MKウルトラ」によって生み出された超能力者。
もともとはエルの母であるテリーが計画の被験者だったが、その時胎児としてお腹にいたため能力に覚醒。
誕生後もホーキンス研究所に幽閉され、研究対象として育てられた。

研究者から様々な超能力実験を受けて育ち、成績がよくない時や反抗的な態度を取った時は冷たい独房に閉じ込められたのがトラウマ。成長とともに能力も向上し、デモゴルゴンでパニックになったホーキンス研究所から脱出した。

隔離された環境で育ったため同世代との子供と触れ合った経験は無く、マイク達と出会った時は世俗的な事に関しては何も知らなかった。シーズン2からは研究所を出たため、世俗的な事にも興味津々の様子。

森で彷徨っているところを保護してくれたマイクのことは好意的に思っている。空腹時に食べたの思い出に残っているのか、好きな食べ物はワッフル。

基本的に人見知りだが、信頼している人物に対しては素朴で優しい性格。
自分や仲間を傷つける者に対しては徹底的に立ち向かう強い意思を持っている。

超能力は?

(Netflix/ストレンジャー・シングス引用)

エルは複数の超能力を持っており、X-MENのように「1人1能力」という法則は当てはまらない。
超能力を使うと鼻血が出る。より大きな力を使うほど出血量も増え、体力も消費する。

サイコキネシス

強く念じることで、およそ自力では持ち上げられない重量を動かす念動力を持っている。
人間を吹き飛ばす程度は軽々行い、シーズン1では裏側の世界の怪物デモゴルゴンを消滅させ、シーズン2ではダンプカーや10メートル以上はある異次元の扉を閉めた。
「怒り」の感情は特に能力を高める様子。

テレパシー・遠隔透視

ラジオやテレビなど、電波が出るものを媒介として遠方にいる他の人間の様子を知ることができる。感覚遮断タンクという塩水の入ったタンクに目隠しをして入ると、よりその精度が高まる。

この能力を研究する過程で「裏側の世界」の住人に見つかってしまい、ホーキンス研究所の地下に大きな異次元トンネルが開いてしまった。

元々はこの遠隔透視能力を応用して、ロシアの情報をスパイスするのが目的だった。うーん、冷戦時代。

シーズン1でのエル(イレブン)

ホーキンス研究所から抜け出し、周辺の森で彷徨っていたところ、
ウィルを探すマイク達と遭遇しマイク自宅の地下に保護される。

当初はホーキンス研究所に近づきたくない一心でマイク達に嘘をつくも改心し、
感覚遮断タンクを利用してウィルの捜索を手伝い、
裏側の世界の怪物「デモゴルゴン」と対峙。

デモゴルゴンを消滅させると自分も姿を消した。

シーズン2でのエル(イレブン)

(Netflix/ストレンジャー・シングス引用)

(Netflix/ストレンジャー・シングス引用)

シーズン1に裏側の世界に消えたエルだったが、実はすぐに現世に帰還していた。
しかし、身の危険を案じたホッパー所長によって保護され、山奥の小屋で一年以上隠れ住んでいた。

シーズン2ではホッパー所長との約束を破り、自分の母親テリーに会いに一人ホーキンスを出る。
テリーと対峙するも、テリーはすでに意識がなく、超能力でコンタクトをとり、「エイト」という同じMKウルトラ計画の被験者のことを知る。

シカゴでエイトに出会うと、エイトが行なっていたMKウルトラ計画関係者の復讐に手を貸すが、無益な殺しはしないと誓い、ホーキンスに戻る。エイトからは怒りの感情でパワーが増すことを学んだ。

ホーキンスではパワーアップした超能力で、大きく開いた裏側の世界とのゲートを閉じた。

キャストはミリー・ボビー・ブラウン

演じるのは本作で一気にスターダムにのし上がった、ミリー・ボビー・ブラウン。
本作のオーディションでも、驚異的な演技力が評価され抜擢された天才子役。

ストレンジャー・シングス公開後は映画・ファッション分野からもオファーが殺到し、活動の範囲を広げている。雑誌の表紙や、カルバンクラインのコレクションモデル。ハリウッド版映画の「ゴジラ」にも出演している。

⇒【エル役ミリー・ボビー・ブラウン

シーズン3はどうなる?

シーズン3でも引き続き出演。

シーズン3はシーズン2から1年後の1985年が舞台となる様子。
マイクとは無事再開できたが、その後どうやって暮らしていったのかは不明だ。
おそらく引き続きホッパーが身元引受人となっていると思われる。

エルにはまだ未解決の伏線がたくさんある。
母親テリーやエイト、さらにエイトとイレブンの間に「ナイン」「テン」の存在の可能性もある。
シーズン3ではホーキンスにできた郊外型ショピングモール「スターコート」が舞台とのこと。

クオリティを上げるため、配信も大きく送らせてシーズン2から2年近い期間が空いた2019年8月となるとのこと。

⇒【シーズン3を全話タイトルから予想!

 

 

ピックアップ記事

  1. そのまんま!ニッキー役ナターシャ・リオンの魅力!「オレンジ・イズ・ニュー・ブラッ…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. S1 ネタバレ・感想

    やっぱり接点はあった!「The SINNER -記憶を埋める女-」S1-2
  2. ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス

    【ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス】EP6 悲しみにくれる家族。カットの長い…
  3. ロシアン・ドール:謎のタイムループ

    ロシアン・ドール:謎のタイムループ|7~8話レビュー|ループの原因は自分の中にあ…
  4. ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス

    【ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス】EP2 ネルの死。シャーリーはなぜ葬儀屋…
  5. S9 感想・ネタバレ

    ウォーキングデッド|シーズン9-16話ネタバレ感想|無線に新たな声が!ニーガンも…
PAGE TOP