S2 ネタバレ・感想

【アメリカを荒らす者たち】シーズン2-2 感想とネタバレ|ケヴィンは犯人では無い?自白は強要されたものだった。

(画像・Netflix アメリカを荒らす者たち引用)

ワタクシ、第一話で一気に引き込まれてしまいました。
事件そのものはアレですが、
これはもう完全に良くできたミステリーです!

平和だった有名学校で起きた
史上最悪の事件「ブラウンアウト」。
友人の密告により、警察の取り調べで
カメラの前で犯行を認めたケヴィン・マクレーン。

しかし、ケヴィンは犯人ではない??
タードバーグラーと一体何者なのか?

第1話はこちら!



シーズン2-2「自白」あらすじ

ブラウンアウトの日。
犯人であるはずのケヴィンも
食堂で漏らしていたことから
事件の謎は一気に深まる。

自白したことが決定的証拠となり
退学処分となったケヴィン。
しかし今度はケヴィンが反撃のインタビューを行う。

ケヴィンの主張は「自白はしたが、
それは強要されたものだ」というもの。

「ブラウンアウト」から数日後、
パーティのピニャータ
(くす玉のようなもの)にウンチが詰められ、
教室中がパニックになるのが第2の事件。

バスケットボールの試合の応援セレモニーで、
発射されたランチャーに粉状の猫のフンが
詰められていたのが第3の事件。

この3つの事件を、
警察と学校から半ば強制的に自白させられたと、
映像を交えて検証していく。

自白強要の背景には、
犯人が捕まるまでの間、
学生部長のウェクスラーが
親やマスコミから過剰に追求を受けており、
誰でもいいから「犯人」が
必要だったのだとケヴィンは語る。

警察はネットに投稿された、
ケヴィンが笑い者にされる動画を「いじめ」と捉えて、
復讐の動機とした。

しかしケヴィンの主張は、
それはいじめではなく「人気者になる手段」だったというもの。
さらにピーターの調べで「ブラウンアント」に使われた
下剤はケヴィンでは入手できないものだったことが判明する。

そして、ピーターたちを
カリフォルニアから呼んだクロエの主張を、
生徒全員が無視している事実に
ピーターが気づき始める。

深まる謎、「いじめ」と「おいしい」の境界線は?

ケヴィン側の主張と、
自白に無理があったこと、
そして一刻も早く犯人が捕まって欲しい人が
いたことが明らかになった今回。

ケヴィンのいたずら動画「フルーツ忍者」が
「いじめ」なのか「おいしい」なのかで、
見方が全く変わってくるのが興味深いですね。
ちなみにフルーツ忍者「Fruit Ninja®」は、
有名なスマホゲームのだったりします。)

この問題って本当にセンシティブで、
最近のパワハラ問題やセクハラ問題にも通づる、「
受け手がどう捉えるか」の難しさを
良く表現できているなと感心してしまいました。
事件そのものは非常にしょーも無いのですが、
だからこそ、それ以外の人間関係の難しさが良く出ているというか…。

まだまだ詳しく語るには情報が少なすぎます!
第3話に続きます!

 

⇒【シーズン1のおさらい
⇒【①エリート高校が下痢まみれに?
⇒【②犯人はケヴィンじゃない?
⇒【③特権的バスケ選手
⇒【④犯人から接触が?
⇒【⑤第4の事件は起きていた?
⇒【⑥エースの取り巻きが犯人?
⇒【⑦ジェマを脅したのは誰?
⇒【⑧タードバーグラー判明!

 

ピックアップ記事

  1. そのまんま!ニッキー役ナターシャ・リオンの魅力!「オレンジ・イズ・ニュー・ブラッ…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. ウォーキング・デッド

    ウォーキング・デッド

    ウォーキングデッド|マグナ役ナディア・ヒルカーについて。
  2. シーズン3 ネタバレ・感想

    【ベター・コール・ソウル予想】ラロ登場!ナチョの逃亡でブレイキングバッドに繋がる…
  3. 海外ドラマ好きの見る映画

    末っ子ジャック・ジャックが可愛い!「インクレディブル・ファミリー」を見てきた!
  4. シーズン2 ネタバレ・感想

    トゥコを始末できるか?「ベター・コール・ソウル」2-4 丸腰(ネタバレあり)
  5. S3 感想・ネタバレ

    【グッド・プレイス】シーズン3−7 感想とネタバレ|リブートの記憶を呼び醒まし、…
PAGE TOP