S2 ネタバレ・感想

【アメリカを荒らす者たち】シーズン2-1 感想とネタバレ|今回もトンデモ事件だけど、最後のシーンで一気に引き込まれる!

(画像・Netflix アメリカを荒らす者たち引用)

というわけで、衝撃の内容と、
ドキュメンタリー風フィクション
「モキュメンタリー」という作風の切り口の面白さから、
一部ではカルト的な人気を誇っていた
「アメリカを荒らす者たち(American Vandal)」が
シーズン2となって帰ってきました!

前回ハノーバー高校の事件を解決したピーター達が、
視聴者からの依頼を受け、
別の高校の事件を解決するという内容です。
第一話のみですが、
ネタバレ気味でレビューしたいと思います!

シーズン1・ハノーバー高校落書き事件簿のおさらいはこちら




シーズン2-1「ブラウンアウト」あらすじ

ワシントン州ベルビュー。
11月のある日、いつも通りの普通の日。
著名人を多数輩出していることで有名なセントバーナディン高校。

昼食時、レモネードを飲んだ生徒が一斉にお腹を下し、
学校内は下痢まみれの阿鼻叫喚の状態となってしまう。

さらにその模様は
何者かが漏れなく映像に撮っており、
「タードバーグラー」というアカウント名で
インスタグラムに投稿されてしまう。

もちろん映像はすぐに削除されたが、
すでに映像は広まっており、
学校は機能停止状態に陥ってしまう。

「ブラウンアウト」。生徒達はこの出来事をそう呼んだ。

そこから、8日間で同類の事件が2件続き、
警察も捜査の手がかりを
なかなかつかめないでいると、
生徒のタナー・バセットの密告で
犯人と思われる生徒の名前が挙げられる。

犯人はケヴィン・マクレーン。
長年いじめを受けていた生徒で、
事件前の行動全てがケヴィンが
犯人であることが示唆され、
警察の取り調べを受けると、
本人が3つの事件の犯人であることを認めてしまう。

事件は解決したかに思われた…。


ハノーバー高校の事件を解決したことで
一躍有名になったピーターとサムは、
セントバーナディン高校の生徒クロエからの相談を受け、
タードバーグラー事件を解決するべくワシントン州までやってくる。

すでに犯人が見つかり、解決したと思われていたこの事件。
犯人と目されているケヴィンには、
最初の事件の日、どうしても不可解な点があったのだ…。

早速捕まった犯人。 ケヴィン祖母の一言でイッキ見確定かも!

今回もインタビュー形式の映像を巧みに織り交ぜ、
事件にリアリティを持たせながらストーリーが進みます。
「それっぽいリアリティ演出」が非常に上手で、
僕はもう本当にあった事件としか思えませんでした(笑)

リズムよく事件の説明が進むなーと思ったら、
第一容疑者のケヴィンがカメラの前で
警察に自供してしまいます。
おいおい早速事件解決かよ!

と思ったら最後のシーン。
ケヴィンの祖母が衝撃的な証言をします。

…やられました!
この一言で一気に事件に謎が広がります。
人によっては一気見確定なシーンかも知れません(笑)
1話は30分程度と気楽に見れる尺なので、
この1話だけでも見てみてはいかがでしょうか?

第2話に続きます!

⇒【海外ドラマ好きの動画配信サービス(VOD)選び
⇒【シーズン1のおさらい
⇒【①エリート高校が下痢まみれに?
⇒【②犯人はケヴィンじゃない?
⇒【③特権的バスケ選手
⇒【④犯人から接触が?
⇒【⑤第4の事件は起きていた?
⇒【⑥エースの取り巻きが犯人?
⇒【⑦ジェマを脅したのは誰?
⇒【⑧タードバーグラー判明!
⇒【シーズン3はある?

 

ピックアップ記事

  1. そのまんま!ニッキー役ナターシャ・リオンの魅力!「オレンジ・イズ・ニュー・ブラッ…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. シーズン4 ネタバレ・感想

    【ベター・コール・ソウル】S4-10 感想とネタバレ|ソウル・グッドマン誕生か!…
  2. S1 ネタバレあらすじ・感想

    サルーは走ると超早い!「スタートレック・ディスカバリー」1-8 汝、平和を欲する…
  3. キャスト

    ビリー役のデイカー・モンゴメリー魅力に迫る!「ストレンジャー・シングス」ハリウッ…
  4. S1・ネタバレ・感想

    「マインドハンター」シーズン1-第4話 サイコパスにも種類がある?秩序型・無秩序…
  5. ラブ、デス&ロボット

    ラブ、デス&ロボット|EP6〜12レビュー。中だるみゼロの面白さ!
PAGE TOP