動画配信サービス

【選び方カンタン】動画配信サービス(VOD)比較!2018年版【海外ドラマ好きがオススメを紹介】

動画配信サービスとは?(ビデオ・オンデマンド)

場所を選ばないスマホの普及と、時間も場所も縛られるTVの衰退から、今一気に利用者を増やしているのが、動画コンテンツ配信サービス、VOD(ビデオオンデマンド)です。

配信内容は様々で、映画、ドラマ、アニメ、バラエティなどが定額で時間を気にせず見放題なので、非常に便利ですよね。僕も大変お世話になっています。というか当サイトはそれが全てです(笑)

今回は今どんな動画サービス(VOD)があり、どこが良いのか?これを解説していきます。

今の所、当サイトではNetflixコンテンツが多いので、ネトフリ+どこのサービスが良いかという視点でも語っていきたいと思います!

まずは、あなたにピッタリなVODのわかる診断チャートを作りましたので、どうぞ!

 

見るのに必要なもの

VODに必要なのは、

①高速ネット環境(固定回線の容量無制限のもの)

②視聴デバイス(スマホ、PC、スマート TVデバイスなど)

の2つです。

 

①高速ネット環境VODは動画のデータ容量が尋常じゃなく大きいからです。通常のスマホの容量プランでは一瞬で制限がかかってしまうでしょう。

②視聴デバイスこのページが見れているなら、ここは説明不要ですね。スマホ、タブレット、PC、ネットが見れればなんでもOKです。

大画面のTVで見たい!ならスマートTVデバイスがおすすめ

スマホやPCでは場所を選ばないものの、画面が小さいので迫力に欠けます。みんなで家の大きいテレビで見たい!という方には、

・TVとPCをHDMI接続する

・PS4などのゲーム機を利用する

・スマートTVを利用する

スマートTVデバイスを利用する

など幾つかの方法がありますが、楽チン&コスパを考えると、スマートTVデバイス一択です。コイツをテレビにつないでしまえば、どんなテレビデオもVODの視聴ができます。

Amazon fire TV stick

Google Chromecast

 

VODサービス、選ぶポイントは超簡単

2018年現在、VODサービスは国内外に多数存在していますが、選ぶポイントは簡単です。

「見たい作品がどこにあるか?」

これに尽きます。もし見たい作品がある動画サービスがわかっているなら悩む理由はありませんね。

しかし、どこにどんな作品があるかもわからない方も多いと思いますので、各VODのポイントを簡単にまとめましたので、一緒に比較していきましょう!

 

 

《比較のポイント》


●料金どこも月々1000円前後です。しかし新作の映画などはPPV(ペイ・パー・ビュー)という追加料金が発生することもあり、注意が必要です。

●無料トライアル実際に使ってみないとわからないことも多いので、まずは試してみましょう。自動更新されてしまうことが多いので、解約には注意しましょう!

●コンテンツ数提供しているコンテンツの数ですね。しかし正直自分にとってのキラーコンテンツが1つか2つあれば、それで十分という気もします。あまり気にしなくて良い指標かも。

●画質スマホで見るのであれば、あまり気にする必要はありませんが、最高画質である4Kは一度見るとヤミツキになります。やっぱり画質大事です。

●ダウンロード:スマホ視聴派であれば、ぜひ押さえておきたいポイント。コンテンツをあらかじめダウンロードして持ち運べれば、長時間の移動なども恐るるに足りません!

同時視聴:一つの契約で、違うデバイスで同時に視聴できるかどうかは、主にファミリーなどでの利用で大事なポイントとなるでしょう。


 

 

オススメ動画配信サービス一覧

【オススメ1】Netflix ネットフリックス

Netflixを無料お試し

 

《NETFLIXの特徴|メリット・デメリット》


◎オリジナルの海外ドラマが凄い!

◎4Kコンテンツの充実。画質が凄い!

◎DLしてオフラインで視聴可能!

×国内向けコンテンツが弱い(2018年から増加傾向にアリ)

×4K画質のプランはやや高い


本国アメリカではもっとも加入者数の多い動画は新サービスで、これまでのケーブルテレビに変わる、強い影響力を持っています。

またオリジナルのコンテンツに大変力を入れており、ここでしか見られない良作が盛りだくさん。2018年頃から、これまで弱いとされた日本オリジナルの作品も多数登場しています。

 

《NETFLIXの料金・基本情報》


料金/

ベーシックプラン:800円 (税込864円)

スタンダードプラン:1200円(税込1296円)

プレミアムプラン:1800円 (税込1944円)

無料トライアル/ 30日間無料

コンテンツ数/ 非公開

画質/SD(ベーシック)、 HD(スタンダード)、4K(プレミアム)

ダウンロード/ 可能

同時視聴/ スタンダード・プレミアムは可能

アダルト/ なし


Netflixを無料お試し

 

 

 

【オススメ2】Hulu フールー

【Hulu】今すぐ会員登録はこちら

◎映画、アニメ、海外ドラマ、国内ドラマのバランスが良い

◎日テレと提携で、日本コンテンツ充実

◎ウォーキングデッド! ゲーム・オブ・スローンズ!

×海外オリジナルのコンテンツが弱い

×4K画質非対応

×同時視聴非対応


動画配信サービスの中でいち早く日本に展開してきたのがhuluでしょう。もともとはアメリカのサービスですが、日本テレビとも業務提携を行っており、海外作品だけでなく日本のコンテンツも強いのが特徴です。海外ドラマを楽しみつつ、日本のバラエティ番組やアニメも楽しめます。

料金体型が非常にわかりやすく月額933円(税抜)のみ。Netflixを意識してか、最近ではオリジナルコンテンツに力を入れていくことを宣言しており、大作が続々と発表予定なのだとか。今後は4K配信なども実現するかもしれませんね。

現在の海外ドラマシーンを牽引している、ウォーキングデッドやゲームオブスローンズの最速配信も行っております。

 

《huluの料金・基本情報》


料金/月額933円 (税込1,007円)

無料トライアル/ 14日間無料

コンテンツ数/ 50,000本以上

画質/SD、HD

ダウンロード/ 可能

アダルト/ なし


【Hulu】今すぐ会員登録はこちら

【オススメ3】Amazon Prime Video アマゾンプライム・ビデオ

アマゾン・プライム・ビデオを無料お試し

《アマゾン・プライム・ビデオの特徴|メリット・デメリット》


◎プライム会員の付属サービスなので激安!(年3,900円)

◎映画、アニメ、海外ドラマ、国内ドラマのバランスが良い

◎オリジナルコンテンツ充実中・吉本興業と提携

×まだまだ作品数が少ない

×人気作品はPPV(都度料金発生)なことも


大手通販アマゾンの有料プライム会員向けのサービス一環として提供されているVOD。動画以外のも様々なサービスがあることを考えると、破格の料金であると言えます。

日本では吉本興業と提携しており「ドキュメンタル」「カリギュラ」など今の地上波では放送のできないようなバラエテイも充実しているのが特徴です。

新作の映画も配信されていますが、よく見るとPPV(別料金)だったりすることが多いので注意が必要ですね。

 

《アマゾン・プライム・ビデオの料金・基本情報》


料金/プライム会員 年3,900円

無料トライアル/ 14日間無料

コンテンツ数/ 非公開

画質/SD、HD、4k

ダウンロード/ 可能

アダルト/ なし

PPV/ あり


アマゾン・プライム・ビデオを無料お試し

 

【オススメ4】dTV

初回31日間無料dTVチャンネル

《dTVの特徴|メリット・デメリット》


◎コンテンツ数12万!月500円(税抜)という圧倒的な安さ!

◎日本のコンテンツに非常に強い!

◎韓流・海外ドラマも充実!女性向け充実!

◎エイベックスと提携しているので、MVやカラオケ配信も!

◎マンガをムービーにした新しい試みも

×新作・人気作品はPPV(都度料金発生)なことも

×同時視聴できない


日本一の通信会社ドコモの提供しているVOD。ドコモユーザーしか使えない?かと思いきや、キャリアフリー化しているので現在は誰でも利用できます。

日本制作のコンテンツが多く、カラオケ配信やコミックムービーという新しい取り組みもしています。海外作品はロマンス系が多い印象。

月500円は圧倒的に安く、アンパンマンやドラえもんなどもあるので、お子様のいる家庭にも◎

NETFLIXなど海外に強いVODを利用しているのであれば、コンテンツのかぶりが少なく併用に向いていますね。

 

 

《dTVの料金・基本情報》


料金/ 月500円

無料トライアル/ 31日間無料

コンテンツ数/ 12万

画質/SD、HD、4k

ダウンロード/ 可能

アダルト/ なし

PPV/ あり


初回31日間無料dTVチャンネル

 

 

【オススメ5】U-NEXT

今なら無料トライアル実施中!<U-NEXT>

《U-NEXTの特徴|メリット・デメリット》


◎コンテンツ12万と圧倒的!

◎毎月1,200円分のポイント付与で電子書籍や映画、NHKオンデマンドなど利用可能

◎どちらかというと国内系コンテンツ充実

◎追加料金なく、70誌以上の雑誌や30万以上の漫画が読み放題!

◎同時視聴最大4アカウント

△アダルトコンテンツがある(ペアレンタルロック可)

×料金は高め月1,990円と高い。(ポイント1,200円分の含む)

×オリジナル作品は無い

×人気作品はPPV(都度料金発生)なことも


USEN-NEXT HOLDINGSの提供するVOD。国内の会社なので、日本のコンテンツが充実していますね。ただしポイント付与があるのでこれを利用することで、最新の映画がコミコミの料金で視聴できます。

最大4アカウントを制作でき、同時視聴が可能です。雑誌や漫画など電子書籍の見放題なのでお得感はあります。

 

 

U-NEXTの料金・基本情報》


料金/月1,990円(1,200円分のポイント付与)

無料トライアル/ 31日間無料

コンテンツ数/ 12万

画質/SD、HD、4k

ダウンロード/ 可能

アダルト/ あり

PPV/ あり


今なら無料トライアル実施中!<U-NEXT>

 

各サービスの強み比較

というわけで、2018年現在の主流なVODを比較してみましたが、圧倒的に強いNETFLIX・huluなどの海外勢に対し、日本のVODは日本のコンテンツ充実をはじめ、雑誌・マンガなどのサービスを同時に提供することで対抗していますね。

正直、アメリカ勢の圧勝かと思ったのですが、日本のVODも十分健闘しており、もしVODを併用するのであれば海外勢+日本勢で契約するのがコンテンツのかぶりも少なく良さげです。

ご両親と同居している家庭であれば、韓流ドラマや国内のコンテンツが充実している日本勢の方が需要がありそうですし、お子さんのいらっしゃる家庭は、やはり日本のアニメなど充実していて欲しいもの。

R15などの過激なコンテンツも多いのがVODの特徴ですが、アカウントもペアレンタルコントロールできるので安心ですね。

まとめ/今後どうなる?VOD

とはいえ、現在のVOD市場は恐ろしく急激に成長・変化しており、1年後には全く情勢が変わっている可能性もあります。というか変わっているでしょう。

海外作品に強いと言われたNetflixは、最近では日本制作のコンテンツに力を入れていますし、huluやAmazonもNetflixにならってふんだんに予算を使った大作ドラマを制作する方針を掲げています。

日本勢は国内で提供している別のサービスを組み合わせることで、海外勢には不可能な、痒いところに手が届くようなサービスを提供しており、今後もこの傾向は強まるものと思われれます。

競争激化で、各サービスが進化しているのが非常に楽しみですよね

!また情勢が変わりましたら、レポートしていきたいと思います!

ピックアップ記事

  1. そのまんま!ニッキー役ナターシャ・リオンの魅力!「オレンジ・イズ・ニュー・ブラッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. キャストについて

    【グッド・プレイス】ジェイソン役マニー・ハシントの魅力!ドラマと違い結構インテリ…
  2. S9 感想・ネタバレ

    ウォーキングデッド|シーズン9-16話ネタバレ感想|無線に新たな声が!ニーガンも…
  3. キャストについて

    ナルコス:メキシコ編(シーズン1)|登場人物・キャストのまとめ
  4. S1・ネタバレ・感想

    「マインドハンター」鬼才デヴィッド・フィンチャーのこれまでのオススメ作品!
  5. ブラック・ミラー引用

    S1ネタバレ感想

    ブラックミラー|「国歌」首相に突きつけられた脅迫の内容は?
PAGE TOP