シーズン3 ネタバレ・感想

発信器のヌシは誰だ?「ベター・コール・ソウル」3-1 メイベル(ネタバレあり)

(画像Netflix ベター・コール・ソウル引用/暗殺を邪魔したのは誰だ?)

 

HHMがメサヴェルデへ提出した書類への偽造を白状したジミー。

チャックはそれを秘密裏に録音していた。

ジミーは弁護士としての地位が危ぶまれるピンチを迎えていた。

マイクはヘクターへの狙撃を企てた際に何者かから妨害を受ける。

ネタバレあらすじ<3-1 メイベル>

シーンは現代。

ジミーはオマハのショッピングモールで

シナボン屋の店長としての業務を続けている。

万引きをした少年が警察に連行されるのを見て、

弁護士を呼ぶように叫ぶ。

ジミーは職場に戻ると、意識を失い倒れる。

 

 

シーンは2002年に戻る。

ジミーは自供を録音されたことは知らないが、

チャックを気遣い、チャックの家のエマージェンシーシートを剥がす。

 

チャックは録音テープのことをハワードと共有したが、

ハワードはテープでの立証は難しく、反撃には使えなないという。

チャックはこのテープを偶然を装ってエルネストに聞かせ、

ジミーを信じていた彼を動揺させる。

 

キムのメサヴェルデでの仕事が順調で評価を高めていた。

ジミーも、高齢者法に強いことで順調に顧客を獲得していた。

すると空軍でCMに協力した男が現れ、

退役軍人について偽装をしたことで、口論になる。

 

ヘクターの暗殺を何者かに邪魔されたマイク。

車には「DON’T(やめろ)」とのメッセージが。

身の危険を感じたマイクは一目散に

その場から逃げ出すと、車の解体場に向かう。

車を調べると、燃料キャップに隠された発信器を見つける。

 

マイクはずっと動向を監視されていたことを逆手にとって、

自分も同じタイプの探知機を燃料キャップに入れ、

相手の動向を探る。

 

数日後の深夜、ついにマイクの車の発信器を回収するものが現れ、

マイクはそれを追いかける。

 

感想・考察

始まりました。シーズン3です。

チャックの録音テープは裁判では使えないんですね。

一芝居打って、相手に自供させて秘密裏に録音するのは

スパイ物とかだと定番だったので、

立証が難しいとは意外でした。

 

チャックはキャラ的に小賢しい芝居などしないタイプのはずですが、

エルネストもうまく抱き込んでいたあたり、さすがジミーの兄弟ですね(笑)

 

 

マイクのシーンはなかなか緊張感があって良かったですね。

砂漠から一目散に逃げ出すマイクの表情は

恐怖がにじみ出ていました。

シーズンを通してあんな焦ったマイクは

初めてだったんじゃないでしょうか。

 

死の危険を感じ、動揺しながらも、

真っ先に車の解体場に行くマイクの判断もカッコイイです。

 

燃料キャップに取り付けた発信器が反応した時はドキドキしました。

相手は一体誰何でしょうか。

ストーリー的にはそろそろガス一味が出てきそうなところです。

 

それでは、第2話に続きます!

ネトフリ派も納得!?アマプラ・オリジナルドラマがスゴイ

海外ドラマ界おいて圧倒的王者として君臨していたNetflixですが、
最近、Amazonの猛追がスゴイです。

Amazonプライムビデオでは、現在オリジナルドラマに力を入れており、
目の肥えたネトフリ派も納得の作品が、続々とリリースされています。

2020年。オススメのAmazonプライムビデオのオリジナル作品を
まとめましたので、ぜひチェックしてみてください!

→Amazonプライムビデオおすすめオリジナルドラマ10選【2020最新】

ピックアップ記事

  1. そのまんま!ニッキー役ナターシャ・リオンの魅力!「オレンジ・イズ・ニュー・ブラッ…

関連記事

  1. シーズン3 ネタバレ・感想

    チャック死す…。「ベター・コール・ソウル」3-10 灯り (ネタバレあり)

    ジミーはサンドパイパーの件で和解案が成立すれば自分にも100万…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. S8 感想・ネタバレ

    【ウォーキング・デッド】S8-12 感想|ジョージーとは何者!?(ネタバレあり)…
  2. ストレンジャー・シングス

    ネットいじめ!?「ストレンジャー・シングス」エル役ミリー・ボビー・ブラウン。Tw…
  3. S8 感想・ネタバレ

    【ウォーキング・デッド】S8-6 感想|セディクとの出会い。兵器オペラとは?(ネ…
  4. ドキュメンタリー

    世界の”現実”旅行(DARK TOURIST) EP7 あらすじ|アフリカは本当…
  5. キャスト

    実は一流コメディアン! ジミー役ボブ・オデンカーク「ベター・コール・ソウル」
PAGE TOP