キャスト

実は一流コメディアン! ジミー役ボブ・オデンカーク「ベター・コール・ソウル」

Netflix ベター・コール・ソウル引用

「ベター・コール・ソウル」面白いですね!

というわけで、当サイトでは、より本作を楽しめるよう「ベター・コール・ソウル」登場するキャストについてもレポートしていきます!

今回は主役の口は上手いがモラルゼロの弁護士ジミーマッギル役のボブ・オデンカークです。この物語は彼がいかにジミーから「ソウル・グッドマン」になっていくのかを描いた話になります。

ボブ・オデンカークのプロフィール

・1962年10月22日生まれ

・アメリカ合衆国イリノイ州出身

・6人も兄弟がいる。

・もともとはコメディアンとして有名だった。

・脚本家としても多数の作品を手がけている。

「ベター・コール・ソウル」出演まで

地元イリノイで育ち大学を卒業した後、地元のラジオ局の仕事を始めたボブ。ラジオ専門のコメディ番組の脚本を書いてキャリアを積んでいく、その後コメディ中心の劇団に入り演劇のスキルも身につけ、1987年アメリカで人気だったコメディ番組「サタデーナイトクラブ」に出演し知名度を上げる。その後は放送作家として仕事をこなし、脚本でエミー賞を獲得する。

その後「Mr. Show」というコメディ番組も立ち上げさらに人気を高めていき、2008年に出演した「ブレイキングバッド」で俳優としても活躍し、2015年よりそのスピンオフ番組「ベター・コール・ソウル」で主演ジミーを演じる。

 

もともとは有名なコメディアン

ボブはもともとは脚本を書くことからスタートした人間ですが、現在は放送作家・映画監督・脚本家・俳優・コメディアンと非常に多彩で、特にアメリカのTV番組の脚本に関しては恐ろしい数をこなしています。そこから自身のコメディ番組のレギュラーとしても出演し、コメディアンとしてもアメリカでは抜群の知名度を持っていました。日本で言うところの、鈴木おさむとか、リリーフランキー的なポジションの人なんですね。

「ブレイキングバッド」でもボブ演じるソウルグッドマンの登場によってシリアスとコメディが入りまじり急に面白くなったと評判で、彼の登場で、それまで打ち切り寸前だったドラマが、エミー賞を獲得するお化けドラマになったと言っても過言ではありません。自分も人からブレイキングバッドをオススメされた時は「(ソウルグッドマンの登場する)シーズン2までは我慢して!」と言われましたもん(笑)

ベター・コール・ソウルも順調にシーズンを重ねていますし、俳優としては非常に遅咲きですが、今後さらに大成していくかもしれませんね。

ただしボブ本人は特に大きな野望はなく、キャリアをスタートした頃から「面白そうだからやってみる」というスタンスで仕事を続けていたらこうなった。というだけなのだそう。肩肘張らないボブのスタイルは、まさにジミーマッギルそのものなんですよね。今後も活躍を期待していきましょう!

 

ピックアップ記事

  1. そのまんま!ニッキー役ナターシャ・リオンの魅力!「オレンジ・イズ・ニュー・ブラッ…

関連記事

  1. シーズン1 ネタバレ・感想

    チャックの嘘が暴かれる「ベター・コール・ソウル」3-5 まやかし(ネタバレあり)

    ヘクターとの利害関係から、ガスと交流を深めるマイク。今後一緒に…

  2. シーズン2 ネタバレ・感想

    クラクションの主は?「ベター・コール・ソウル」2-10 引き金(ネタバレあり)

    (画像Netflix ベター・コール・ソウル引用/ヘクターに狙いを定め…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. アトランタ

    【アトランタ 略奪の季節】シーズン2-4|ドイツ村へ。ヴァンと別れの危機?(ネタ…
  2. S2 ネタバレ・感想

    【アメリカを荒らす者たち】S2-4 感想とネタバレ|ついにタードバーグラーから接…
  3. シーズン1・感想ネタバレ

    ナルコス:メキシコ編1-7|コカインで組織は更に飛躍するか(ネタバレ)
  4. S3 感想・ネタバレ

    【グッド・プレイス】シーズン3−7 感想とネタバレ|リブートの記憶を呼び醒まし、…
  5. S6 ネタバレ・感想

    「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」6−8 悪知恵のヒーロー(ネタバレ有)
PAGE TOP