S1・ネタバレ・感想

「マインドハンター」シーズン1-第8話 異常行動は線引きが難しい。FBIには新たな仲間が。

(Netflix/MIND HUNTER)

ビルは自閉症の自分の子供が

殺人の被害者の写真に興味を持っていることで妻と喧嘩になり、

ホールデンは彼女と適切な距離感をとれなくなっていた。

行動心理学の研究として連続殺人犯へのインタビューを続けることで

徐々にその闇に自らも引きずり込まれていた。

 

第8話のあらすじ


犯罪心理の授業をするために

小学校にきたホールデン。

子供に対して犯罪者についての授業を行う。

授業後、女性の教師から

校長が生徒を校長室に呼び出しては

「足をくすぐっている」のをやめさせたいと相談される。

連続殺人犯ブルードスの「足フェチシズム」と似た傾向を感じた

ホールデンは調査を始める。

 

FBIの行動科学課では業務量が増えてきたので

新しい人員を探していた。

すでに気鋭の部署として名が通っていたので

応募書類の山が出来ていた。

ビルは採用活動のためブルードスの元へは行かないと言う。

 

オレゴン州州立刑務所のブルードスに再度インタビューするホールデン。

ブルードスは打ち解けてきたが一向に自分の殺人を認めようとしない。

ホールデンはブルードスの言う「別の殺人犯」の嘘に乗ることで、

ブルードスの証言を集めていた。

 

シェパード所長の推薦で採用したグレッグとともに

小学校を訪れたホールデン。

校長への疑念は高まるが、立証は出来ないグレーな

状態に苛立ちを募らせる。

恋人デビーも大学院で他の男と一緒にいたことで精神的に

追い詰められてしまう。

ホールデンは憶測の域を出ないまま、

校長の解任を希望する保護者の後押しをしてしまう。

 

感想・考察


少し独善的な気質のあったホールデンの性格が裏目に出てしまいました。

覚えたばかりの知識をひけらかしてしまうような、

幼稚な部分がホールデンにはありましたね。

新しいものを作り出すときはそのくらいの熱意や

強引さが必要ですが、今回は完全に悪手でした。

 

新人のグレッグも署長経由の人物ということもありますし、

真面目で熱心なキリスト教信者というのは

この手の善悪を超えた研究では不安因子でしかないと思います。

 

しかしながら、校長の「足くすぐり」事件は興味深いですね。

校長は教育者として非常に立派であり犯罪としては立証できない、

しかし非常に不快な一面がある。

という人間心理と法律の交わる非常にグレーな部分を

うまく描いているように感じました。

 

徐々にホールデンの心に闇が広っがってきました。

今後どうなっていしまうでしょうか。

それでは9話に続きます!

ネトフリ派も納得!?アマプラ・オリジナルドラマがスゴイ

海外ドラマ界おいて圧倒的王者として君臨していたNetflixですが、
最近、Amazonの猛追がスゴイです。

Amazonプライムビデオでは、現在オリジナルドラマに力を入れており、
目の肥えたネトフリ派も納得の作品が、続々とリリースされています。

2020年。オススメのAmazonプライムビデオのオリジナル作品を
まとめましたので、ぜひチェックしてみてください!

→Amazonプライムビデオおすすめオリジナルドラマ10選【2020最新】

ピックアップ記事

  1. そのまんま!ニッキー役ナターシャ・リオンの魅力!「オレンジ・イズ・ニュー・ブラッ…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. ブラック・ミラー引用

    S3ネタバレ感想

    ブラックミラー|「虫けら掃討作戦」抹殺するべき人類の敵との戦いのはずが…
  2. あらすじ・解説・ネタバレ

    あらすじと感想・考察(ネタバレあり)「ストレンジャー・シングス」シーズン2 第5…
  3. マインドハンター

    新たな9人の殺人犯が登場!?「 マインドハンター シーズン2」後編
  4. シーズン3 ネタバレ・感想

    【ベター・コール・ソウル予想】ラロ登場!ナチョの逃亡でブレイキングバッドに繋がる…
  5. S9 感想・ネタバレ

    ウォーキングデッド考察|ジーザス亡き後、誰がヒルトップを指揮する?イーニッド急浮…
PAGE TOP