S1・ネタバレ・感想

「マインドハンター」シーズン1-第6話 異常さを立証できないと逮捕できない!?

(Netflix/MIND HUNTER)

ペンシルベニア州アルトゥーナで起きた

殺人事件。

執拗に痛めつけられた遺体に込められた

意味とはなんなのでしょうか?

犯人は2人。どう事件に関与したのでしょうか。

 

第6話のあらすじ


FBi署長シェパードに

FBIでの正式なポジションをオファーされる、

ウェンディ・カー博士。

しかし、ボストン大学で研究があると断る。

 

ローズの証言を受けて、

容疑者の二人、婚約者ビバリーと

ビバリーの妹の夫フランクを

再び取り調べする。ビルたち。

しかし、二人の証言は食い違う。

 

供述の録音を聞くウェンディは

ビバリーの妹ローズの

証言に嘘がある事を見抜く。

この事件は3人がかりで行われた

可能性が高まった。

 

ホールデンが恋人デビーは

食事のためビルの自宅を家を訪ねる。

ビルにはブライアンという幼い息子が

いるが、話しかけても反応しない。

ブライアンは自閉症だった。

養護施設から引き取った子供で、

育て方に悩んでいるとビルの妻はもらす。

 

アルトゥーナの事件に進展があった。

地方検事はベンジャミンだけ起訴する

方針を固めた。

フランクとローズは司法取引に応じ、

ほとんどお咎めがない事になった。

事件は複雑な心理ストレスが引き金となって

起きた、事件であったが、

その説明の困難さ、科学的立証の無さから

ほぼベンジーの単独犯罪として

処理されてします。

犯罪心理学を

もっと普通の人にも理解できるようにしなくては。

ホールデンたちは一刻も早く

自身の研究を進めねばならないと

再認識する。

 

一方ボストンに帰ったウェンディ。

女性の研究者をパートナーにもつ、

レズビアンである事が明らかになる。

恋人にはFBIに所属する事を

止められるが、

ウェンデイは犯罪心理学の研究に魅力を感じ、

FBIのあるクアンティコに住み始める。

 

感想・考察



ベンジーの事件はなんだか釈然としない形で

幕引きとなってしまいました。

複雑な心理状況を理解できていたものの

それを一般人にきちんと説明・立証する術を

持たなかった、という事なんですね。

ドラマを見ていてもイマイチ状況が

わかりにくい感があったので、

実際の説明は容易ではないんでしょうね。

 

一方、これまでお高く止まっている感があった

ウェンディの意外な一面が

明らかになりましたね!

まさかレズビアンとは。

これまでの言動や雰囲気も

そう考えると納得してしまいました。

パートナーの女性は相当年上っぽい感じが

しましたが、一体どういう経緯で

恋愛関係になったのか気になるところで

あります!今後描かれるといいですね1

それでは6話に続きます!

ピックアップ記事

  1. そのまんま!ニッキー役ナターシャ・リオンの魅力!「オレンジ・イズ・ニュー・ブラッ…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. マニアック

    【NETFLIX マニアック】第5話 感想・ネタバレ|1940年代へ!アニーの…
  2. S9 感想・ネタバレ

    ウォーキング・デッド|シーズン9-ep4 ついにリックに死が迫る!(ネタバレあり…
  3. あらすじ・解説・ネタバレ

    あらすじと感想・考察(ネタバレあり)「ストレンジャー・シングス」シーズン2 第7…
  4. シーズン2 ネタバレ・感想

    ついに独立!ジミー&キム「ベター・コール・ソウル」2-8 フィフィ(ネタバレあり…
  5. シーズン4 ネタバレ・感想

    「ベター・コール・ソウル」S4-6 感想とネタバレ|ドラッグ工場は着々と進行中!…
PAGE TOP